BIKE・パーツ用品

HOME > BIKE・パーツ用品 > パーツ > ホイール/タイヤ

パーツ

ホイール/タイヤ

ホイール・タイヤは、唯一の地面との接点であり、
バイクの中で最大のムービング・パーツ

自転車の中で、ともすればフレーム以上に重要な部品ともいえるホイールとタイヤ。なぜなら、どんな高性能バイクでも路面とのコンタクトは唯一タイヤだけ。ここに問題が起これば、その他のあらゆる努力はすべて無に帰してしまいます。そして、そんなタイヤと車体をつなぐとともに、駆動系・ブレーキの要であるホイールも、ライディングの質に直結する重要なパーツと言えるでしょう。

タイヤはシチュエーションで決める。

スポーツバイク以外のユーザーには、パンク以外なかなか注意を払われないタイヤですが、雑誌やカタログを見てみると、驚くほど数多くのモデルがリリースされています。
タイヤを選ぶ際は、

・タイヤのタイプ
・リム規格(クリンチャーの場合)
・サイズ

が3大要素と言え、上記を満たした上で街乗り用や各競技用といったモデルを選ぶことになります。

タイヤのタイプ

タイヤのタイプは、おおまかに分けて以下の3つです。

・クリンチャー

ホイールのリムにビード(タイヤの縁)をかみ合わせ、チューブを併用して内側からタイヤを張るタイプ。オンロードモデルでは、一般用自転車も含めて現在の主流になっています。

・チューブラー

タイヤそのものがチューブとなっている方式。かつてのタイヤはすべてこのタイプでしたが、パンク修理が難しいことや、コスト高からほとんど使われなくなりました。しかしシンプルで軽量なためロードレースでは現役で、フルカーボンの完組ホイールなどで見ることができます。

・チューブレス

自動車やオートバイと同じ方式。クリンチャーとチューブラーの両方の特徴を兼ね備えたような方式。リムでホイールに固定されたタイヤを、直接空気圧で保持します。ホイール・タイヤ双方の精度が必要ですが、軽くてリム打ちパンクの危険もないため、マウンテンバイクで広く使われています。ロード用も近年増加傾向です。


クリンチャー


チューブラー

リム規格

クリンチャータイヤでは、ホイールのリムと規格が合わなければタイヤは装着できません。タイヤの横に書いてあったり、ホイールに適合サイズとして挙げられていますので、それを参考にしましょう。 日本で使われる規格には、大きく分けて2つのタイプがあります。

・WO(ワイヤードオン)

ロードモデルや一般用自転車のほとんどが採用している規格です。ややこしいのがサイズ表記で、28 x 1-5/8のようにインチ単位で書いているものがイギリス式、700×28cのようなmm単位がフランス式、さらに28-622といったタイプがETRTOという欧州の工業規格の呼び方になります。ロードバイクでは、ほとんどフランス式の表記です。

・HE(フックドエッジ)

こちらはアメリカで使われているもので、26×2.35のように表わします。単位はインチです。マウンテンバイク、BMX、子供用自転車は多くがHE規格を採用しています。

ここ数年で大きく進化したプレミアムホイール

自転車の中でも最大のムービング・パーツであるホイールは、タイヤと相まって走りに大きな影響を与えるパーツ。しかも比較的交換が容易でデザイン上の変化も大きいため、愛車の最初のグレードアップパーツとしてホイールを選ぶ人は少なくありません。
ホイールに求められる要素は、「剛性」、「精度」、「軽さ」、「快適性」、「空力」の5つが主なものです。それに「デザイン性」も、ワークスレーサーではないオーナーにとって、重要な項目と言えるでしょう。

あまりのラインナップの広さに泥沼が……。

ここでさっそく各種ホイールの魅力に迫りたいところですが、最近のホイール選びで頭の痛いことに、予算があります。「そんなのいつものことだよ」という声が聞こえてきそうですが、ホイールの価格レンジの広さはハンパじゃありません!
前後セットで数万円台のリーズナブルなものから、100万円オーバーのモデルまでが市販されています。
まずはある程度予算を決めてモデルを絞り込み、それから求める機能やデザインでさらなる選定をしていくと、「どれを選んでいいのかわからない」という泥沼に陥らずにすむかもしれません。

試乗が難しい、ホイール選びのガイドライン。

高級ホイールは何が違うか、と問われると難しいのですが、先に挙げた5+1の要素のほぼすべてを引き上げるため、さまざまな工夫が凝らされています。

・素材

スポークこそステンレスですが、リムはフレーム同様アルミニウムを主流に、一部の高級モデルでカーボンを使うなど軽量化が図られています。

・精度

リムの真円度や衝撃を受けたときの力の分散のさせ方などに、各モデルの違いが見られます。また、ハブの精度は直接的にライディングの快適性に関わってきます。

・軽さ

リムの材質が大きな違いですが、上級モデルではハブやスポークの重量も徹底的に削られています。軽いホイールはひと漕ぎで違いがわかるほど、ライディングに影響します。

・快適性

サスペンションを持たないロードでは特に違いが出ますが、ホイールは意外にたわんで衝撃を吸収しています。アルミとカーボンでは衝撃の吸収性に違いがあり、高速コーナーでの安定性や長時間の疲労度にも関わってきます。

・空力

エアロスポークに代表されるディスクホイールが代表的。しかし横風に弱いなどの欠点があるため、街乗り用ではスポークを楕円形状にしたり、ディープリムを用いるのが一般的です。

パーツ選びに迷ったら、まずは最寄りのバイシクルわたなべへ。
信頼性の高い世界各地のスタイリッシュなブランドツールを
ゆっくりご覧いただきながら
自転車ライフの楽しさを広げるスタッフにお気軽にご相談ください。
もちろん、初めて乗られる方も大歓迎です!

ページの先頭へ