メンテナンス&チューンナップ

HOME > メンテナンス&チューンナップ > 基本セッティング編

メンテナンス&チューンナップ

基本セッティング編

ロードバイクを快適に、
カッコよく乗るためのファーストステップ

自分の体型に合わせた適切なセッティングは、ライディングフォームを作っていく上で重要ですし、腰や膝への負担軽減にもつながります。ここでは、セッティングの目安となる調整方法を紹介しましょう。ただし、バイクの使用目的やメーカーで最適なセッティングは異なりますので、ベストボジションを実現するためにはご来店いただいての調整をおすすめします。

セッティングのために必要なことを確認しよう!

股下寸法から考えるロードバイクセッティングの目安
(cm)
股下
寸法
①サドル
②サドル-ハンドル
間距離
③サドル
後退幅
④サドル-ハンドル
高低差(レース用)
④’サドル-ハンドル
高低差(ロングライド用)
74-77 65-68 47.5-49.5 4.5-5.5 5-6 4-5
78-81 68-72 50-53 5.5-6.2 6-7 5-6
82-85 72-75 54-56 6.5-7.2 7-8 6-7
86-89 75-79 56.5-59 7-8 8-9 7-8
90-92 79-81 60-61.5 8-8.7 9-10 8-9

1)股下寸法を測る

足を15㎝ほど開いて幅5㎝くらいのものを股にはさむ。
まずはセッティングの基準となる股下寸法を正確に計測しよう。

2)サドルセッティングが最重要ポイント

サドル高の目安は 【股下寸法 × 0.88】

次に股下寸法に0.88をかけて、サドル高の目安を算出して高さをセット。最後に忘れてはいけないのが、サドルの後退幅。ペダリングやバイクコントロールのしやすさにも影響するので、しっかり調整しておきましょう。

3)ハンドルをセッティング

4)サドルとハンドルの間の距離を調整

乗車して、膝と腕のくっつき具合を確認しよう。
測定時はクランクを2時の方向に

5)クリートのセッティング

前後方向は、拇指球(足の親指付け根下の膨らんだ部分)とペダル軸のセンターを一致させよう。
左右方向では、クランクに近づくことが理想的。

ページの先頭へ